配るチラシは2つ折りぐらいに軽く折る

チラシをポスティングするつもりなら、配るチラシは2つ折りにして目を惹くキャッチコピーなどが少し見えるようにしておきましょう。なぜなら、ほとんどの人はチラシをもらっても目を通さずにそのまま捨ててしまうからです。チラシを配る方の人は、チラシをもらった人が内容を見てからゴミ箱に捨てると勘違いしています。しかし、実際は折りたたんだままで、配られたチラシをそのまま捨ててしまう人が多くいます。それを考えれば、最初にキャッチコピーなどが外からも見えるように2つ折りぐらいにしておいた方がいいのです。

配るのに最適なタイミングについて

チラシの内容によって、それぞれ配るタイミングは違ってきます。たとえば、レストランや喫茶店などのチラシなら、お正月やお盆などの大型連休の前に配るのがおすすめです。また、敬老の日などの祝日の前に配るのもいいでしょう。チラシを見た人が、この日は休みだから行ってみようかと思えるからです。反対に、カルチャースクールや求人などが掲載されたチラシは、連休などの前には配らない方がいいでしょう。全体的にみんなが遊びのモードに入ってくる時期ですから、効果がどうしても薄くなります。

配る地域の地図は必ず持っていこう

バイトでポスティングを依頼されると、ほとんどの人は配りやすいところばかり配ろうとします。たとえば、大きな団地などに配る人が大半を占めるのです。ですから、もしバイトを頼むなら、きちんとその地区の地図を持たせて、配る範囲を決めてから依頼する必要があります。たとえば、一軒家にも必ずポスティングしてほしい、といった希望も付け加えましょう。せっかく作ったチラシが無駄にならないように、バイトに依頼する場合には注意が必要です。

ポスティングとは宣伝用のチラシを郵便受けに投函する行為のことです。各家庭のポストに直接投函されるため、目に触れる可能性が高い宣伝方法です。