代理店とはどういう形態なのか?

お店でよく聞くのが、代理店というお店です。保険会社などでは、よく代理店が販売していることが多いです。代理店と聞くと、商品やサービスを代理で取り扱っているところだと思う人が多いでしょう。詳しく見てみると、ある商品やサービスを販売する契約をした店舗や会社を代理店といいます。代理店に販売を委託する会社は、販売している代理店が競合しないようにコントロールします。複数の会社と代理店契約すれば、1つのお店でいろんな商品を取り扱うことができます。

フランチャイズとはどういう形態なのか?

飲食店などフランチャイズでやっているところを、皆さんよく見られているのではないでしょうか。フランチャイズとは、取り扱う商品や販売方法などが提供され、利益の一部を本部に支払うという形態です。どこでも同じ商品や看板などを提供し、それにそって加盟店が事業を進めていきます。本部は開業のサポートやノウハウの提供をするかわりに、加盟するお店から加盟金を受け取ります。そして加盟店は、毎月の売り上げから一定の金額をロイヤリティとして本部に支払います。

代理店・フランチャイズに似たのれん分けという方法

皆さんはのれん分けという言葉を聞いたことはありませんか。代理店やフランチャイズと開店スタイルが似ていますが、この2つに比べると小規模な開店スタイルとなっています。よくラーメン店などでは、のれん分けという方法で開店することが多いです。ラーメン店などの飲食店で修業し、そこで認められた人がそのお店の屋号を使って開業することができます。修業したお店が人気店なら、独立してから集客がある程度期待できます。開業後は、自由度が高い経営ができます。

代理店がありますから私たちは本社まで行かなくてもスマートフォンなどの便利な商品を近場で買うことが出来るのです。