看板や広告に変化が起きている

看板は、お店の軒先に付いていたり、ビルの屋上部分に設置されていたりと、街のあらゆる場面で目にしますよね。電車の中や駅構内でも壁いっぱいに看板が掛けられていて、新商品や新サービスの宣伝に使われています。たくさんの人が行きかうエリアにある看板は、注目度の高さから設置するのに多額な設置料が掛かることもあります。看板は紙やプラスチックでできているのが従来のものでしたが、近年では、ディスプレイにデジタル画像を映したデジタル看板が普及し始めているんです。

デジタルサイネージと呼ばれています

ディスプレイを設置して画面に広告画像を映したものをデジタルサイネージと言います。デジタルになったことで、従来の紙の看板とは異なるメリットが得られるんですよ。広告や看板には設置期間があって、期間内だけ広告表示するように設定すれば、人の手を掛けることなくコンピュータで自動的に表示を切り替えることができます。ディスプレイに表示するので、動画広告も載せられます。人の往来する時間帯と行き来する人の層に合わせて、朝の時間はビジネスマン向け、昼の時間帯は主婦やお年寄り向けの広告に変えることも可能です。

デジタルサイネージはどこに使われている?

デジタルサイネージは、電車の中でも見つけることができます。電車の扉の上に、ディスプレイが設置されていて、次に停まる駅の情報やタメになる情報が流れている車両がありますよね。あのディスプレイもデジタルサイネージの一つです。電車に乗っている間、手持無沙汰でいるときにふと見てしまいますよね。システムで一括で動画の内容を差し替えられるのも便利ですし、他の駅での人身事故や遅延情報を電波で受信できるので、リアルタイム性のある情報を表示することができます。

看板とは、宣伝や広告のために作られた物で、一般的には板状であることが多いです。素材はプラスチックや金属、木などが使われていますが、長く屋外に設置されている場合、これらは割れや錆び、風化といったことが起こってしまうため、最近では安価で丈夫だという理由からアルミ合金でできた物が使用されることもあります。