営業代行とは?一体ナンなのか?

ある程度大きな会社であれば、他社に自社のサービスや商品を販売しに行く営業職を間違いなく雇っていると思いますが、小さい規模の会社の場合は、営業がいない場合もあります。ただ、営業をする人間がいないままでちゃんと会社が回るのか?というと、それはちょっと疑問です。そういう会社は営業職を一切置かないのか?というと、営業代行という形で、外部委託しているケースがあります。営業代行というのは、営業を雇うのっではなく、営業職をピンポイントで補充できる仕組みなのです。

営業代行は教育や研修が必要ない

営業代行が非常に便利だなと思うのは、新規で雇うわけではなく、中途採用者に等しいために新たな研修や教育が必要ないということです。彼らは営業のプロで、経験も豊富ですから、すぐにでも即戦力になるでしょう。とはいっても、あくまでも雇っているわけではなく、契約を交わして営業をやってもらっているので、ずっとその会社の仕事をするとは限りません。営業代行を行っていって、会社が大きくなていけば、そのうち営業職を雇う余裕が出てくる可能性もありますから。

必要なときだけ戦力にすることができる

営業代行は自社の社員として雇うわけではないので、必要がなくなれば契約終了という形で、それ以降は報酬を支払う必要はありません。社員として雇ってしまう場合は、必要がないからクビにするということは簡単にできませんから、それ以降のコストがかかってしまうことになります。必要なときにだけ利用すれば良いというのは、コスト面で見ると企業にとっては、非常に便利でありがたい存在ともいえるでしょう。しかも、これまで営業代行を数多く経験していますから、百戦錬磨の実力を持った人に営業をやってもらえるわけですから、これ以上素晴らしいこともないと思います。

営業というのは会社や企業にとって欠かず事の出来ないものです。故に営業が得意な人にはどんな会社でも戦力となる可能性があります。特に営業代行会社は成績が良ければ良いだけ評価される会社ですので挑戦してみるのも経験です。