個人情報を記した紙面はゴミ出し前にシュレッダーを

商品購入時のレシートやクレジットカードの引き落とし明細を始めとして、個人的な情報が多数記された紙面というのは日々の生活の中で割と頻繁に出てくるものです。これらは全て可燃ごみとして処分する事が出来ますが、これらを何も対策をしないままに捨ててしまうと、ひょんな事からゴミ袋が破られ、何者かに内部の情報を把握されてしまうリスクを負う事にもなります。これらを防ぐ為にも家庭用のシュレッダーを購入し、こうした紙面を処分する際には必ずシュレッダーに通す心掛けを持つ事が大切です。

集合住宅では防音対策もプライバシーの保護に

マンションやアパートを始め、普段からあまり関わりの無い他人と壁一つ接して暮らす状況の集合住宅では、その壁を通して隣部屋に自分の行動が筒抜けになってしまうケースもあるものです。これは単なる騒音問題としてだけでは無く、隣人に自分の行動を全て把握されるプライバシーの問題にも繋がってしまうものです。これらの対策として、自分自身が部屋で無駄な騒音を立てない事を心掛けると共に、出来れば部屋の壁に防音対策を取り入れ、ある程度の大きさの音でも隣部屋に漏れない様にする工夫が求められます。

メールアンケートの回答は本当に興味ある分野のみに

様々なプライバシー保護がなされている現在のネットワークにおいても、メールアンケートを実施する店舗や組織自体に対し、無防備に自分のパーソナルデータを入力してしまうのは意外と危険な行為です。いつ何時情報漏えいが発生するかも知れず、そのリスクを最小限に留める為にも、普段からメールアンケートに答える相手は常に製品購入を行っているお得意の店舗に出来るだけ留めておく、またセキュリティが万全なポータルサイト経由以外のアンケートには住所等の連絡先や氏名等を記入しないでおく、といった配慮も大切となるでしょう。

機密文書を処分する際には、シュレッダーによる処理の他、専門業者による溶解処理などの方法も存在します。